【高校野球・NPB】加藤健氏に特別功労賞 新発田農OB会

新発田農業高校野球部のOB総会が3日、新発田市で開かれ、プロ野球・読売巨人軍で捕手として18年間の現役生活を送った同校OB・加藤健氏(36)に「特別功労賞」が贈られた。加藤氏は「新発田農業出身でよかった。高校時代の教えとOBの皆様から教えてもらったことを頭に入れ、次の目標に向かって頑張りたい」と感謝の言葉を述べた。

特別功労賞が贈られた加藤健氏(中央)右は新発田農野球部OB会の齋藤忍会長
左は恩師の松田忍元監督(現・村上桜ヶ丘高監督) 続きを読む


【BCL・NPB】ソフトバンク入り渡邉が意気込み語る 巨人育成の髙井も参加

ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは29日、長岡市で「渡邉雄大選手のドラフト育成指名をアサヒビールで祝う会」と題したファンイベントを開催した。ソフトバンクから育成ドラフト6位指名を受けた渡邉雄大投手(26歳・三条市出身・中越高)が意気込みを語った。また新潟アルビレックスBCから2016年に育成ドラフト1位で巨人に入団した髙井俊投手(22歳・見附市出身)も参加し、1年目のシーズン報告を行った。

ソフトバンクに入団した渡邉雄大(右)と巨人育成での1年目を終えた髙井俊 続きを読む


【イベント】新潟県出身プロ野球選手とOBによる野球教室を開催 新潟アルビレックスBC選手も初参加

新潟県出身のプロ野球選手とOBによる野球教室「小学生ベースボールクリニック2017」(主催:新潟野球ドットコム、アルビレックス新潟・都市緑花センターグループ 協力:シンプルベースボールアカデミー)が10日、新潟市のハードオフ・エコスタジアムの室内練習場で行われた。講師として今季一軍初勝利を挙げたDeNA・飯塚悟史投手(上越市出身)、OBとして元巨人捕手で新潟アルビレックスBCの球団社長補佐・加藤健さん(聖籠町出身)、元ヤクルトの本間忠さん(新潟市秋葉区出身)が指導したほか、今年は新潟アルビレックスBCの選手も初めて参加し、田村勇磨投手(糸魚川市出身)と知野直人選手(三条市出身)の2人も講師に加わった。県内の20チームの小学生約300人が参加し、憧れのプロ野球選手から直接指導を受けた。

DeNAの飯塚悟史投手(前列中央)ら現役選手とOBが小学生を指導した 続きを読む


【BCL】新潟が5人を指名 BCLドラフト会議

ルートインBCリーグは24日、長岡市で「BCLドラフト会議」を開催した。新潟アルビレックスBCは計5人を指名。地元枠で五泉市出身の大竹樹希哉投手(19歳/一関学院高→YGSダイヤモンズ)を指名したほか、通常指名1巡目では木原田崇俊投手(22歳/鹿児島実高→日本経済大)を4球団の競合の末、抽選で引き当てた。5人は今月、2か所で実施されたトライアウトを受験していた。新潟は既にトライアウトを免除された「特別合格選手」として6人の入団が内定している。またドラフト会議では群馬ダイヤモンドペガサスが糸魚川市出身の斉藤輝一外野手(19歳/日本文理高→北陸大)を2巡目で指名した。ドラフト会議は非公開で行われた。 続きを読む


【BCL】今季の声援に感謝 新潟アルビレックスBCサポーター感謝デー

ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは3日、今季のファンの声援に感謝を表すイベント「サポーター感謝デー」を新潟市のみどりと森の運動公園屋内コートで開催した。監督、コーチ、選手とファンの交流イベントで、集まった約250人が加藤博人監督や選手たちとミニゲームなどで触れ合った。新潟アルビレックスBCは前期2位、後期3位で、2年連続でプレーオフ進出を逃したが、加藤監督は「来季こそプレーオフ進出と日本一奪還を目指す」とサポーターに誓った。

サポーター250人と記念撮影をする新潟アルビレックスBCの監督と選手たち 続きを読む


【ドラフト】新潟県関係の複数指名に期待 26日にNPBドラフト会議

NPB(日本野球機構)のドラフト会議が26日夕方から開かれる。新潟県関係では大学生1人、高校生3人がプロ志望届を提出。ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCの複数選手にNPB球団から調査書が届いている。去年に続き、県内から複数選手の指名に期待が高まっている。

国士舘大の椎野新(村上桜ヶ丘高) 東都2部で通算1点台の防御率を誇る 続きを読む


【BCL】加藤博人監督、稲葉大樹兼任コーチが続投 新潟アルビレックスBC

ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは25日、加藤博人監督(48)の来季続投を発表した。元ヤクルトの加藤監督は今季、新潟の新監督に就任。前期2位、後期3位で、通期3位となり、チームとして2年連続でプレーオフ進出を逃したが、9月10日の最終戦後にチームの池田拓史社長が来季続投方針を示していた。

来季の続投が決まった新潟・加藤博人監督 2年目の巻き返しを誓っている 続きを読む


【BCL】最終戦で大勝 東地区2位で前期終える 新潟アルビレックスBC

ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは17日、柏崎市佐藤池球場で栃木ゴールデンブレーブスと対戦。2本塁打、19安打と打線が爆発した新潟が18対0で大勝し、前期最終戦を白星で飾った。新潟の前期通算成績は18勝16敗1分で東地区2位。後期は23日(金)に開幕、新潟は18時からハードオフ・エコスタジアムで巨人三軍と対戦する。 続きを読む


【BCL】新潟が滋賀に逆転勝ちで6連勝

ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは14日、三条市の三条パール金属スタジアムで滋賀ユナイテッドBCと対戦し、4対1で逆転勝ち。新潟の前期通算成績は17勝15敗1分で、東地区2位は変わらず。前期残りは2試合。次戦は16日(金)13時から群馬県前橋市で群馬ダイヤモンドペガサスと対戦する。

新潟は初先発の田畑開人が6回を1失点(自責点0)と好投 続きを読む


【BCL】新潟が快勝で貯金1 東地区は群馬が前期優勝

ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは13日、三条市の三条パール金属スタジアムで栃木ゴールデンブレーブスと対戦。新潟は2本のソロ本塁打などでリードし、投げては田村勇磨投手(日本文理高出身)が被安打4、12奪三振の好投で栃木打線を完封。3対0で勝ち、前期通算成績を16勝15敗1分で貯金を1とした。この日、東地区で優勝マジック1としていた群馬ダイヤモンドペガサスが滋賀ユナイテッドBCに勝ち、2年連続6回目の前期優勝を飾った。新潟は東地区2位で、前期の残り試合数は3。次戦は14日(水)に同スタジアムで滋賀と対戦する。

被安打4、12奪三振の好投で今季初完封の田村勇磨 続きを読む