【BCL】新潟が1点差を逃げ切る 通算成績2勝2敗の五分に

ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは15日、福島市あづま球場で福島ホープスと対戦し、2対1で競り勝った。新潟の前期通算成績は2勝2敗の五分に戻した。新潟の次戦は16日、埼玉県鴻巣市で武蔵ヒートベアーズと対戦する。

3回表、ヒットで出塁し、次打者のヒットで三塁に到達する好走塁を見せた渡辺貴洋(胎内市出身) この後、先制のホームを踏むなど3安打の活躍を見せた

◎16日の試合結果◎
新潟2-1福島
新潟 001 010 000 =2
福島 000 010 000 =1
(バッテリー)
新潟:○トルス(1勝)、田村、長田、S渡邉雄(1勝1S)
福島:●高橋元(2敗)、鍵政-笹平

◎戦評◎
新潟が1点差を終盤の投手陣のリレーで逃げ切った。

新潟は3回、右前安打で出塁した九番・渡辺貴洋(胎内市出身)が続く一番・楠本の右前安打で一気に三塁へ進む好走塁を見せてチャンスを作ると、二番・稲葉の二ゴロ併殺の間に渡辺貴洋が生還し1点を先制した。5回には1死1、3塁から楠本の犠飛で1点を追加した。

新潟の先発・トルスは独特のモーションから投げ込む直球、そして追い込んでからのチェンジアップを武器に6回で被安打4、8奪三振の好投。5回2死から失策と二盗、適時打で1点を失ったが、粘りの投球を見せた。7回は田村勇磨(日本文理高出身)、8回は前DeNAの長田秀一郎が初登板、9回は渡邉雄大(中越高出身)が0点に抑え、1点差をモノにした。

新潟の先発・トルスは初登板ながら6回を投げ1失点(自責点0)と好投した


5回表、新潟が新人・楠本歩(筑波大)の犠飛で1点を追加


8回に初登板した長田秀一郎(前DeNA) 先頭のボウカー(元巨人)に二塁打を浴びたが、そこからはさすがの投球で後続を抑え、無失点


9回は渡邉雄大(左端・中越高出身)が三人で抑え試合終了

◇新潟・加藤博人監督の話◇
「初先発のトルスがよく投げてくれた。オープン戦ではばらつきがあったが、きょうは丁寧に投げていた。チェンジアップもいいし、角度もあるのでしばらくは(開幕戦で負傷した知念の代わりに)先発で使う。(初登板の長田は)しんどい場面でいかせたのでピンチを招くのは想定内だったが、やはりベテラン。ピンチで力を発揮した。後ろを任せる3本を見つけるのが大変だったが、田村も安定してきて、長田、渡邉雄大で3本という形が見えてきた。(攻撃は)チャンスは作るが、そこでいかに一本打てるか。(渡辺貴洋の3安打は)引っ張って安打にできたので楽しみになってきた。(欠場の纐纈主将は)練習中にボールが当たってケガをしたのであと1週間くらいで復帰できるかと思う。(2勝2敗の五分で)負けが先行しないようにしたい。貯金を作りながらいきたいので、あすの試合が大事」

◇3安打の新潟・渡辺貴洋外野手の話◇
「練習から草野(大輔)コーチに打撃技術を教えていただき、だいぶ自分のスイングができてきた感じがしている。探り探りの安打ではなく、いい安打だった。明日に繋がる打撃ができた。積極的な走塁もどんどん続けたい」

◇初登板の新潟・長田秀一郎投手の話◇
「0に抑えられたことで、1点差のいい状態で後の投手に回すことができたのでよかった。緊張はなかった。(ボウカーに二塁打を打たれたが)次は気をつけて危なげなく抑えたい。2死3塁になれば勝負になるなと思っていた。みんなに支えられて野球ができていることを改めて感じている」

(取材・撮影・文/岡田浩人)


コメントを残す