【高校野球】中越・広川健介前主将を優秀選手表彰 日本学生野球協会

日本学生野球協会の2016年度の優秀選手に選ばれた中越高校3年・広川健介前主将(18)への表彰式が23日、長岡市の中越高校でおこなわれ、新潟県高野連の斎藤均会長から盾が手渡された。広川前主将は「日々全力でやってきたことが間違ってなかった。大学でも成長したい」と決意を新たにしていた。

優秀選手表彰の盾を受け取る広川健介前主将(中央)

広川前主将は一昨年夏の甲子園出場時に控え捕手として2年生で唯一ベンチ入りを果たし、新チーム発足後は主将としてチームをまとめた。一昨年秋、去年春とチームがベスト16止まりだった中、チームメイトを鼓舞し続け、夏2連覇を果たした。捕手として巧みなリードと強肩でエースの今村豪投手をはじめ投手陣を引っ張った。

表彰後、広川前主将は「こういう形になるとは思ってなかった。日々全力を尽くしてやってきたことがこういう形になったと思うと、やってきたことは間違ってなかったと嬉しく思う。甲子園のためだけにやってきた3年間。辛かったがその目標を見失うことなくやってくることができよかった」と高校生活を振り返った。後輩に対しては「周囲からは3連覇のことを言われると思うが、目の前のことに1つ1つ全力を注いでやっていくことがいつの間にか甲子園という形ににつながると自分たちが証明できたと思う。後輩も頑張ってほしい」とエールを送った。

捕手として、主将として、チームメイトを引っ張り、夏2連覇を果たした

本田仁哉監督は「今年度のチームは広川健介なくしてあそこまで強くなりえなかった。それは2年生の時に唯一甲子園のベンチを経験したことがスタートだったが、秋冬の間、もしかしたら(3年)夏の間際まで本気で甲子園に行けると思っていたのは広川だけだったと思う。周りがついてこない中でも1人でも言い続け、思い続けてきた意志の強さは、歴代の中越の主将と比べても秀出たものがあった」と褒め称えた。

卒業後は北東北野球連盟の富士大学に進学する。プロ野球選手を輩出している強豪で、1学年上には中越で主将を務めた齋藤颯選手が在籍している。広川前主将は「(齋藤)颯さんの背中を見て野球をやってきた。一緒に野球をやる中で颯さんのような大きい存在になることができたら」と話し、「さらにレベルアップすることと、野球をやる人間として中身も成長したい」と決意を述べた。

表彰盾を手にし、笑顔の広川前主将 富士大でさらなる飛躍を誓う

(取材・撮影・文/岡田浩人)


コメントを残す