【高校野球】関根学園が今夏Vの中越破る ベスト4決まる 秋季県大会・準々決勝

第135回北信越高校野球・新潟県大会は14日、新発田市五十公野球場と長岡市悠久山球場で準々決勝4試合がおこなわれた。悠久山の第2試合では関根学園が今夏優勝校の中越をくだし、秋春の県大会では初のベスト4に進出した。このほか、上越、村上桜ヶ丘、日本文理がベスト4に進出した。準決勝は18日(日)に新潟市のハードオフ・エコスタジアムでおこなわれる。

悠久山②関根学園7-6中越
9回表、関根学園・水井健太選手(2年・写真)が勝ち越しのホームを踏む

◎14日の準々決勝の試合結果◎
<五十公野>
①上越2-1長岡大手(9回サヨナラ)
大手 001 000 000  =1
上越 001 000 001× =2
(バッテリー)
大手:堀、番場-浅野
上越:高波-二井
(二塁打)
上越:大竹晃(3回、8回)、島田(3回)

②村上桜ヶ丘6-2新潟県央工
県央工 000 101 000 =2
村上桜 001 110 21× =6
(バッテリー)
県央工:菊地-友常
村上桜:遠藤-久志田
(二塁打)
県央工:鈴木(2回)、深海(6回)
村上桜:橋本(4回)
(三塁打)
村上桜:久志田(5回)、若林(7回)

<悠久山>
①日本文理7-0五泉(7回コールド)
五泉 000 000 0 =0
文理 230 101 × =7
(バッテリー)
五泉:成田、蒲澤-加藤
文理:新谷、稲垣-川村
(二塁打)
五泉:川﨑(6回)
文理:笠原(4回)
(三塁打)
文理:川村(2回)

②関根学園7-6中越
関根 000 050 011 =7
中越 010 021 020 =6
(バッテリー)
関根:斉藤倭、平野、西本-藤澤
中越:澤中-川上
(二塁打)
関根:水井(5回)、五十嵐(5回)
中越:斉藤(3回)
(三塁打)
中越:坂井琢(2回)、川上(6回、8回)
(本塁打)
関根:藤澤(5回・ソロ)


◎18日(日)準決勝の試合予定◎
<ハードオフ>
※9:15  2016年度新潟県高野連・優秀選手表彰
①10:00 上越×村上桜ヶ丘
②12:30 日本文理×関根学園

(取材・文/岡田浩人 取材/松井弘恵)


コメントを残す