【高校野球】新潟大会が開幕 開幕試合は新潟西が勝利

第98回全国高校野球選手権・新潟大会が8日、新潟市のハードオフ・エコスタジアムで開会式がおこなわれ、開幕した。去年と同じ86チーム(連合1チーム)が参加。1枚の甲子園切符を懸けた戦いが始まった。開会式では参加チームの入場行進の後、長岡高専の井上駿主将が「支えてくださった方への恩返しの第一歩となるよう最後まで粘り強く戦う」と選手宣誓。開会式後の開幕試合では新潟西が羽茂にコールド勝ちした。大会は順調に日程が進めば24日に決勝戦がおこなわれる。

開会式で選手宣誓をおこなう長岡高専・井上駿主将

「行進の時から緊張した」という選手宣誓。一語一語を噛み締めるように発した長岡高専・井上駿主将は「たくさんの人に支えられたことに感謝の気持ちを込めた」とその思いを話した。「たくさんの思いを伝えたかった」という2分4秒の宣誓を終えた井上主将。無事に終わると会場から大きな拍手が送られた。

◎長岡高専・井上駿主将の選手宣誓全文◎
「宣誓 私が野球を通じて学んだこと。それはたくさんの人に支えられているということです。毎日指導してくださる監督、コーチ。大会を運営してくださる大会関係者の方々。大好きな野球をさせてくれる家族。そして、どんなときも一緒にいてくれた仲間。たくさんの人に支えられ、今、この時を迎えられることに感謝しています。私は、野球と毎日の学校生活で培った“気配り”“思いやり”“我慢強さ”をいかし、社会に貢献できる人になりたいと思います。そのためにも、この大会では、自分に勝ち、ライバルに勝ち、そして相手に勝つことを目指し、最後まであきらめない姿勢を続けます。今日からの試合が、今まで支えてくださった方への恩返しの第一歩となるよう、感謝の気持ちを忘れず、最後まで粘り強く戦い抜くことを誓います」

◎マネージャー4人 司会の大役務め笑顔◎
開会式の司会を務めたのは万代・矢野彩香さん、新発田商・千原理子さん、長岡・三五安海さん、高田・下鳥千聖さんの、いずれも野球部の3年生マネージャー4人。落ち着いた声でそれぞれの役割を果たした後は、にっこりと笑顔を見せた。

司会を務めた4人 左から矢野さん、千原さん、三五さん、下鳥さん


◎8日の1回戦の試合結果◎
新潟西8-1羽茂(7回コールド)
羽茂 001 000 0 =1
新西 130 031 × =8
(バッテリー)
羽茂:中川、早川-菊池
新西:長谷川、本田-梅澤新潟西の先発⑩長谷川敦也投手(3年)


羽茂の先発①中川龍投手(2年)


2回裏、新潟西が一番・平野達也選手(3年)の左中間2点適時三塁打で追加点


◎9日の1回戦の予定◎ ※随時更新
<鳥屋野>
①佐渡(10:00)新潟江南
②新潟東(12:30)佐渡総合

<五十公野>
①新発田(10:00)新津南
②阿賀黎明(12:30)東京学館新潟

<みどりと森>
①新潟南(10:00)新潟北
②阿賀野(12:30)新潟工

<悠久山>
①長岡(9:00)長岡農
②塩沢商工(11:30)栃尾
③正徳館(14:00)上越総合技術

<佐藤池>
①柏崎工(10:00)高田商
②有恒(12:30)小千谷西

<高田公園>
①関根学園(10:00)吉田
②上越(12:30)分水

(取材・撮影・文/岡田浩人)


コメントを残す