【BCL】新潟の開幕投手は2年目の中西 開幕前イベントで発表

ルートインBCリーグは開幕(9日)を1週間後に控えた2日、長野県中野市で開幕前ファンイベント「プレーボールカンファレンス」を開催した。新潟アルビレックスBCの赤堀元之監督は開幕投手に入団2年目の中西啓太投手(23・帝塚山大)を指名した。

開幕投手に決まった中西啓太投手(写真は24日のオープン戦)

中西投手は昨季の前期途中から先発ローテション入りし、21試合に登板し8勝2敗、防御率1.60で最優秀防御率に輝いた。赤堀監督は「NPBに行ってほしい選手。1年間、先発としてローテーションを守ってくれると期待を込めている」と指名の理由を説明した。開幕戦の相手である群馬ダイヤモンドペガサスの開幕投手は元DeNAの伊藤拓郎投手(23・帝京高)と発表された。

イベントで開幕投手を発表する新潟の赤堀元之監督(中央)

赤堀監督は開幕を控えたチームの現状について、「オープン戦の勝敗は気にしていないが、今はまだ思っていたチーム状態ではない」と話し、渋い表情を見せたが、「連覇できるように頑張りたい」と意気込みを話した。BCリーグの開幕は4月9日(土)で新潟は新潟市のハードオフ・エコスタジアムで13時から群馬と対戦する。


◎BCリーグがアシックスと提携◎

ルートインBCリーグは2016年シーズンからアシックスジャパン株式会社と3年間のオフィシャルパートナーシップ契約を結んだ。2日のプレーボールカンファレンス前にBCリーグの村山哲二代表とアシックスジャパンの西前学社長が調印式をおこなった。今後はアシックスが選手用のユニフォームなどの用具提供をおこなうほか、選手の力を測定し数値化することで、。また共同でのライセンスビジネスを拡大する方針。

パートナーシップ契約を結んだBCリーグ・村山代表とアシックスジャパン・西前社長(右)

調印式後の記者会見で村山代表は「10年目を迎えるBCリーグが次の10年に向けてどう活動していったらいいかを考えてきた中、『地域に根づくサポートを一緒にやっていきたい』という両者の意思が一致した」と話し、西前社長は「新しい野球の形をBCリーグと共同して推進したい」と決意を示した。今後はアシックスが持つスイングスピードの計測などの技術を、BCリーグの試合会場で提供する予定。「成長を数値で体感することで子どもたちに野球の楽しさを伝えたい」(アシックス)としている。

(取材・文/岡田浩人)


コメントを残す