【小学生軟式】32チームが春の頂点競う 球童会のセンバツ大会始まる

小学生軟式野球の春の大会である「北野屋旗争奪 第7回新潟県センバツ学童野球大会」(主催・新潟球童会)の開会式が27日、三条燕総合グラウンドでおこなわれた。各地区の予選を勝ち抜いた32チームが参加した。

開会式で選手宣誓をおこなう八幡野球クラブ・上村晃歩主将

新潟球童会は所属連盟の違いなどにとらわれず、同一地区以外のチーム同士の交流を図ろうと結成された任意団体。「小学生の甲子園」と言われる全日本学童軟式野球大会(マクドナルド・トーナメント)の前に実戦の場を作ることで、選手やチームのレベルアップを図ろうと毎年この時期に大会を開催している。秋の予選を勝ち抜いた32チームが戦うことで、「新チームの県ナンバー1を決める大会」(主催者)として定着している。

昨秋の予選を勝ち抜いた32チームが頂点を競う

開会式では大会旗の提供社で柏崎市に本社のあるスポーツ店「北野屋スポーツ」の遠藤邦彦社長が挨拶し、「今年は柏崎市の学童チーム出身の松谷比菜乃さんが女子プロ野球選手になった。センバツ甲子園ではネット裏で学童のチームが見学している。見学は『見て学ぶ』と書く。プロや高校野球の試合を始め、多くの試合を見て学んでほしい」と激励した。

また選手を代表して前年優勝チームの八幡野球クラブの上村晃歩主将が「仲間に出会えたことに感謝し、監督やコーチ、保護者の方に感謝しながら全力でプレーすることを誓います」と元気よく選手宣誓をした。

開会式で選手を激励する北野屋スポーツ・遠藤邦彦社長


開会式後、1回戦が始まり熱戦の火ぶたが切って落とされた

開会式終了後から1回戦が始まり、27日は1回戦16試合がおこなわれ、ベスト16が出そろった。大会は4月2日(土)に2回戦と準々決勝が、3日(日)に準決勝と決勝がおこなわれる予定。

センバツ大会トーナメント表(1回戦終了) ※球童会提供

(取材・撮影・文/岡田浩人)


コメントを残す