【BCL】昨季MVP捕手の平野進也兼任コーチが退団 新潟アルビレックスBC

ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは15日、平野進也バッテリーコーチ兼任捕手(27)が現役を引退し、退団すると発表した。平野兼任コーチは昨季の野手部門MVPを獲得した捕手で新潟打線の中軸。新潟は昨年11月のドラフト会議で2名の捕手を獲得しているが、打線の軸でもあり扇の要でもある平野兼任コーチの退団は、今季のチーム編成に大きな影響を与えそうだ。

現役引退・退団が決まった平野進也兼任コーチ(中央)

平野兼任コーチは福岡県の出身で、東福岡高-武蔵大を経て2011年に新潟に入団。橋上秀樹元監督(現・西武作戦コーチ)のもと特に配球を厳しく指導され、1年目から正捕手として抜てきされた。2年目の2012年には打点王に輝き、チーム初の独立リーグ日本一に大きく貢献した。2014年からバッテリーコーチ兼任となり、5年目の昨季は打率.362で首位打者を獲得。野手部門でリーグMVPに選出された。

昨年11月28日に野手MVPを獲得し表彰を受ける平野兼任コーチ(左)
投手MVPの間曽晃平投手(右)とともに新潟は投打の中心が退団する結果となった

平野兼任コーチは球団を通してコメントを発表し、「この度、球団とも継続的に協議を重ね、熟考した結果、現役を引退し退団することになりました。5年間プレーさせていただきましたが、ここまで野球を続けられるとは思っていませんでした。野球ができる環境を与えてくださった全ての方々への感謝の言葉しかありません。また時には優しく、時には厳しく、どんな時でも熱い応援をしてくださったサポーターの方々にも本当に感謝しています」と感謝の言葉を綴った。また今後については「未定」としながら、「一ファンとして応援させていただくと同時に、ルートインBCリーグがますます発展していくことを願っています」と結んだ。

(取材・撮影・文/岡田浩人)


◎新潟を愛し、最後まで悩み続けた平野◎

昨シーズン終了直後から平野は現役を続けるかどうかでずっと悩み続けていた。27歳という年齢、タイトルを獲得してもNPBドラフト会議で指名されないという事実・・・自らの将来を考え、一度は秋の時点で「引退」を口にした。しかしチームの中心選手でもある平野に対し、球団は強く慰留した。既に沢田泰輔、仲村竜之介という2人の捕手の退団が決まっており、平野が退団となれば捕手全員が入れ替わる形となる。何よりBCリーグ内でも屈指の強豪球団となった新潟において、平野が果たしてきた功績や役割を最も評価していたのは球団だった。「後継捕手の育成も含め、新潟に残ってほしい」と慰留し、「納得いくまで考えてほしい」と平野の返答を待つ姿勢を示した。

その頃、平野は揺れ動く心境を吐露した。「大学を卒業する時に、どこにも行けなかった自分を新潟アルビレックスBCというチームに『拾って』もらった、そして野球選手としてここまで育ててもらった新潟に感謝と恩義を感じている。ただもう1年やるからには自分自身、選手としても全力で臨まなければサポーターに失礼になる。本当に悩んでいます」・・・人一倍、チームに対して責任感の強い平野。新潟というチームを思えばこその苦悩がそこにはあった。

2011年、新入団にも関わらず捕手として起用された。野村克也氏のもとで薫陶を受けた橋上秀樹監督(当時)がその頭脳に光る才能を見出した。配球について毎試合厳しい指導を受けた。時には涙を見せた。「自分の至らなさに悔しくて、野球をやってきて初めて泣いた。1年目に受けた指導が野球選手としての自分自身の全てを作っている」と後に振り返っている。勝負強い打撃と頭脳的な配球は「“頭”でNPBを目指すことができる捕手」とリーグ関係者が絶賛するほどだった。2011年以降、新潟が歩んだ「Vロード」は平野なしでは考えられなかった。

13日、平野は球団幹部と新潟市の球団事務所で話し合いに臨んだ。平野に続く捕手の育成が大きな課題となっている球団からは、今季は若手中心の捕手起用方針であること、その若手の指導と攻撃の軸としての期待を伝えられた。ただ平野は「プレーヤーとしても指導者としても中途半端な形になるのではないか」という気持ちがぬぐえなかった。常に全力プレーを心掛けてきた平野は「自分自身、プロとしてサポーターの前で恥ずかしくないプレーをできるのかどうか」を自問自答し続け、最後の最後に「現役引退」と「退団」を選択した。平野自身の思いも、球団が平野に求める期待も、どちらが正しい、間違っているという類のものではない。ただ交わらなかっただけである。球団は平野の功績に最大級の敬意を表し、平野は球団に感謝の意を示した。

去就について結論を出したばかりで、自身の今後について平野は「全くの未定」と話す。ただ「いずれは指導者の道に進みたい」との夢も持っている。独立リーガーも学生野球資格回復が可能になり、「年末には講習を受けたい」との意欲をみせる。いつか、いずれかの場所で、指導者として平野が作るチームを見てみたいし、今後にもエールを送りたい。

間曽に続き、平野という“黄金期”を支えてきたバッテリーが抜けたことで、新潟の、1つの「時代」が終わった気がした。新潟アルビレックスBCは今年、球団創設10年目を迎える。“平野退団”のショックを乗り越え、次の「時代」を築くために、チームも新たな一歩を踏み出さなければならない。

(文/岡田浩人 敬称略)


コメントを残す