【イベント】カメラマン武山智史さんが写真展 「高校野球の仲間は一生の宝物」

長岡市出身のフリーカメラマン・武山智史さんの初の写真展『グラウンドの主役たち』が8日、9日の両日、長岡市のアオーレ長岡で開催された。大勢の高校野球ファンが会場を訪れ、武山さんの作品に見入っていた。

故郷で初の写真展を開催したカメラマンの武山智史さん

武山さんは長岡市出身の35歳で。長岡向陵高校では野球部に所属した。高校卒業後、専門学校を経て日刊スポーツ写真部でアルバイトを経験。その後、長岡市出身のスポーツライター小林信也氏に師事し、現在は都内在住でスポーツ現場を中心に雑誌などで活躍しているほか、毎年夏にベースボール・マガジン社から出版される『高校野球・新潟大会展望号』のライターとして県内の各高校を精力的に取材している。

写真展では新潟県内の高校を取材した際の部活動の写真29点が展示されたほか、『展望号』での取材時の集合写真のスナップなどを見ることができた。9日午後からは武山さんによるトークショーもおこなわれ、高校生や野球ファン、カメラファンで会場が埋まった。武山さんは写真撮影の上達方法について「撮影の前にイメージを持つこと、いい作品を見て真似をしてみることが大切」と話し、「きょうも野球部の時の仲間が駆け付けてくれた。高校野球で大切なのは仲間の存在で一生の宝物」と高校野球の魅力を話した。

9日午後からは武山さんが写真と野球への思いを語るトークショーも開かれた

武山さんは「大勢の方から足を運んでいただき嬉しかった。今後も取材機会を作って新潟県内の野球部を回って写真を撮り、毎年のように写真展を開催できれば」と感想を話していた。

(取材・撮影・文/岡田浩人)


コメントを残す