【中学硬式】新潟ヤング入卒団式 14人が高校での飛躍誓う

新潟市で活動する中学硬式野球チーム・新潟ヤングの入卒団式が26日、新潟市内のホテルでおこなわれた。今季は春夏と全国大会の舞台を経験した中学3年生14人が卒団、「高校でも野球を続け、甲子園を目指したい」とそれぞれが決意を語った。

新潟ヤングの卒団生14人と阿部晋也監督(前列左から3番目)

入卒団式は小学生の軟式学童チームであるNSジュニア、新潟ヤング、社会人軟式チームであるNSクラブが所属する「新潟ベースボールクラブ」の納会でおこなわれた。

硬式球を扱うヤングリーグは全国約180のチームが活動中で、今春センバツ甲子園で優勝した敦賀気比のエースで日本ハムに入団した平沼翔太選手はヤングリーグのオールスター福井の出身。新潟ヤングは2009年に設立され、全日本硬式野球連盟の北日本支部に所属している。新潟市北区のグラウンドで練習を重ね、今季は昨季に続き2年連続で春と夏の全国大会出場を果たした。

卒団する中3生は第7期生となる。曽我祐太朗前主将(大形中3年)は「監督やコーチからは技術だけではなく、普段の生活態度が大事だと徹底的に教わった」と振り返り、「ここで教わったことを高校でもしっかりやって、甲子園を目指したい」と今後の目標を話した。阿部晋也監督は「3年生が築いたものを2年生以下がしっかり受け継いでいってもらいたい」と話した。

なお軟式学童チームのNSジュニアからは小学6年生5人が卒団、新たに12人が入団した。

軟式学童チーム・NSジュニアを卒団する小学6年生5人と保護者

(取材・撮影・文/岡田浩人)


コメントを残す