【BCL】引退の佑紀と阿部がトークショー 新潟アルビレックスBC

ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは6日、長岡市の長岡ドームバッティングスタジアムでシーズン報告会を開催した。今季限りで現役引退する佑紀内野手(28)と阿部拳斗投手(25)の2人がトークショーやワンポイントレッスンをおこない、ファンと触れ合った。

トークショーをおこなった佑紀内野手(左)と阿部拳斗投手

シーズン報告会は長岡地区後援会が主催した。トークショーは今季の振り返りや長岡での生活ぶりについてなど、多くの話題に及んだ。今後について尋ねられた佑紀内野手は「どんな形かわからないが野球を通して学んだことを小中学生や高校生、大学生に教えることができたら」と話した。阿部投手は「新潟にはポテンシャルが高い選手が多い。どういかしていくか。もっと盛り上がることができるし、野球人生で感じたことを発信していきたい」と今後について話した。トークショーには50人を超えるファンが集まり、2人の話に聞き入っていた。

トークショーには50人を超えるファンが集まった

またワンポイントレッスンでは希望者に対して2人が直接技術指導をおこなった。打撃指導を担当した佑紀内野手は「頭を前に突っ込まないように」などと身振りを交えてアドバイスを送った。指導を受けた南雲洸祐さん(川西中3年)は「遅い球に対し前に突っ込む欠点があり、球を引きつける方法を教わった。言われた通りにしたら打球が速くなった」と喜んでいた。

打撃指導をおこなう佑紀内野手

(取材・撮影・文/岡田浩人)


コメントを残す