【BCL】新潟の間曽&平野のバッテリーがMVP受賞

ルートインBCリーグは28日、東京都内のホテルで2015年シーズンのタイトル表彰式「ルートインBCリーグAWARD」を開催した。シーズンMVPには投手部門で間曽晃平投手、野手部門で平野進也捕手の新潟アルビレックスBCのバッテリーが選出された。今季から新設された最優秀監督賞には新潟の赤堀元之監督が選ばれた。ベストナインには新潟から間曽投手、平野捕手のほか、野呂大樹外野手の3人が選ばれた。タイトル表彰では新潟から最多勝(13勝)の間曽投手、最優秀防御率(1.60)の中西啓太投手、首位打者(.362)の平野捕手、盗塁王(45盗塁)の野呂大樹外野手の4人が表彰された。AWARDは初開催で、ファンや関係者140人が参加した。

MVPを獲得した平野進也捕手(左)と間曽晃平投手(右)

MVPを獲得した間曽投手は「シーズン投手から頑張ってきた結果だが、この結果に満足せず精進したい。自分にできることをと思ってきた。(6年間在籍した新潟を退団するが)新潟のファンの応援のおかげでこのような賞を獲ることができたと思う。(涙を見せ)まさかこのような形で挨拶できると思っていなかったので涙が出てしまうが、環境を変えてもう一度挑戦しようと思う。サポーター感謝デーで挨拶したかったが、それが叶わず心残りだった。今後もBCリーグへの応援をよろしくお願いします」と挨拶した。

平野捕手は「試合に出る限りは守備も打席もおろそかにならないようにした。その結果だと思う。こうして野球に打ち込める環境を与えてくださった皆様、ファンの皆様、ありがとうございます」と感謝の言葉を述べた。

MVP受賞挨拶で6年間在籍した新潟から離れることについて涙を見せる間曽投手
(ルートインBCリーグAWARD2015の配信動画より)

<AWARDの動画は以下から>
http://www.ustream.tv/recorded/78651227

(取材・撮影・文/岡田浩人)


コメントを残す