【中学軟式】新潟の秋4強が強豪・秀光中&星稜中に挑む 新潟県中体連・強化試合

新潟県中体連・軟式野球専門部は22日、新潟市のハードオフ・エコスタジアムに昨夏全中優勝の仙台育英秀光中(宮城)と全国制覇5度の星稜中(石川)の強豪2校を招いた強化練習会の2日目をおこなった。秋のオンヨネ杯(県新人大会)で優勝した新井中、2位の宮内中、3位の柏崎第三中と千田中の4校が強化試合に臨んだ。2日間の結果は県勢の7戦全敗、無得点で終わったが、来年8月に控えた全国中学校軟式野球大会(全中)に向けた強化、運営面での収穫や課題が明確となった2日間だった。

第2試合の県新人大会優勝の新井中×昨夏全中優勝の仙台育英秀光中


◎22日の強化試合結果◎

①宮内中0-4星稜中
宮内 000 000 0 =0
星稜 011 002 × =4
(バッテリー)
宮内:①酒井-⑩関
星稜:①知田、⑬酒井-②有松

宮内中①酒井蒼汰投手 被安打6も四死球7と制球に課題が残った


星稜中①知田爽汰投手 5回を投げ被安打1、無失点の安定した投球をみせた


試合終了 星稜中(左)に食らいついた宮内中だったが終盤突き放された

◆宮内中・関敬斗主将の話◆
「相手の体が大きくて打撃のスイングに迫力がありプレッシャーがかかった。先制されて雰囲気が沈んでしまったが、強気で打ってやるという気持ちが大事。相手の雰囲気の作り方や全力疾走が勉強になった。下半身をしっかり鍛えてどんな投手にも対応できるようになりたい。来年は星稜中を倒したい」

◆宮内中・酒井蒼汰投手の話◆
「守備はしっかり捕るところで捕る、打撃はセンター返しで、レベルの差を感じた。ウチの捕手は肩がいいが自分のクイックが遅くて走られてしまった。走者を背負った時のけん制や四球が多かったことが課題。ただ、強かったが勝てない相手ではないと思った」


②新井中0-4仙台育英秀光中
秀光 002 000 2 =4
新井 000 000 0 =0
(バッテリー)
秀光:⑨星、①岩間-②水岡
新井:①池田、⑩大野絢-⑩大野絢、①池田

新井中①池田真士投手 5回を投げ被安打3、失点2の内容だった


秀光中⑨星虎州雲(こすも)投手 3回を投げ被安打1、無失点の内容


新井中のナイン 来年3月には全日本少年春季軟式野球大会に出場する


新井中の2番手⑩大野絢平主将 2回を投げ2失点


秀光中①岩間大翔投手 前日に続く連投も4回を投げ被安打1、無失点

◆新井中・大野絢平主将の話◆
「ミスで点を失ってしまった。ミスがなければもっと緊迫した試合ができたと思う。秀光中は体つきが大きく、スイングも鋭かった。投手は変化球の制球もよく、球が伸びていた。ヒット数も少なかったので課題は打撃。点を取らないことには勝てない。冬場に振り込んで、春の全国大会に臨みたい」

◆新井中・池田真士投手の話◆
「もっと打たれるかと思っていたが、思っていたより相手の打ち損じが多かった。自信にもなったが、もっとレベルアップしなければという思いもある。冬は走り込んで、もっと真っ直ぐの速度を上げて、変化球の制球を磨きたい」


③柏崎第三中0-3星稜中
星稜中 020 100 0 =3
柏崎三 000 000 0 =0
(バッテリー)
星稜中:①寺沢、⑪荻原-②有松
柏崎三:①阿部哲-②田村

柏崎三中①阿部哲朗投手 7回を完投し、被安打6、失点3だった


柏崎三中ナイン 6回に得点圏に走者を置いたが無得点に終わった


④千田中0-5仙台育英秀光中
秀光 011 003 0 =5
千田 000 000 0 =0
(バッテリー)
秀光:④大栄-⑨星
千田:⑤川上-②和田

7回裏、左前にチーム初安打を放った千田中の1番・和田大夢選手


秋3位の千田中は部員わずか10人 終盤に守備の乱れから追加点を許してしまった



星稜中・田中辰治監督(写真左)の話◇
「展開を一歩間違えたら逆になっているケースもあり、(相手の)レベルは高いと感じた。ウチは機動力を使い相手のスキを突いて得点という形と思っていて、きょうはできたが、打撃は(宮内中戦で)縦の変化球に目が行って打者が迷ってしまった。中学生は1球に対して甘い部分がある。勝負の世界は甘くないということが分かっているようで分かっていないところがある。ピンチの後には必ずチャンスがあるし、チャンスの後にはピンチが来る。今回の(新潟遠征の)経験は子どもたちにとっても大きいし(来年の全中へ)自信に繋がる。ここ(エコスタ)で勝てるようにならなければ。(新潟の選手へのアドバイスは?)体の大きさは変わらない。勝負どころをどこで点数を取るか、どこで守るか・・・差はそこだと思う。能力の差はそんなに変わらない」


◇仙台育英秀光中・須江航監督(写真中央)の話◇
「公式戦が今季全て終了した中で、こういう大きな舞台を用意していただいてやれたことは大きく、実りある遠征だった。来年の全中本番の会場で大きな経験ができた。(新潟の選手は)個々のポテンシャルは僕らよりも高いと思う選手が何人もいた。その個のポテンシャルを発揮する方法を作らなければいけない。例えば打順の組み方。人数が少ないならば、力がある選手、力がないと思う選手を分散して得点できるシステムを監督が考えなければならないと思う。9人全員が力がある選手などということは大阪桐蔭さんでもない。自分で塁を奪える選手、長打が望める選手、盗塁ができる選手、自分で出塁できないが塁を与えること(進塁)ができる選手、など、打順をもう一度疑ってみる必要があると感じた。(新潟の中学生にアドバイスは?)ゲーム性を正しく理解して練習すること。ノーアウト走者1塁からアウトと引き換えに走者を進めても得点できない。どこかで塁をまたがないと得点できない。その方法(盗塁や進塁など)を持たないと得点できない。人数が少なくても状況設定をした練習はできる。個人の投げる力、打つ力は劣っていない」

(取材・撮影・文/岡田浩人)


コメントを残す