【中学軟式】新井中が来春の全国大会出場決める 全日本少年春季大会・北信越予選会

来年3月に静岡県で開催される「第7回全日本少年春季軟式野球大会」の北信越ブロック予選会が31日、1日と福井県で開催され、新潟県代表の新井中学校が敗者復活代表決定戦で勝利し、全国大会出場を決めた。新潟県代表が全日本少年春季大会に出場するのは2014年の本丸中以来2年ぶり2回目で、新井中は初出場。

新井中は10月におこなわれた県新人大会(オンヨネ杯)で初優勝。北信越5県の代表によるブロック予選会の初戦で根上中(石川)に0対1で惜敗したものの、敗者復活代表決定戦で鯖江中央中(福井)に2対0で競り勝って全国大会出場を決めた。新井中、根上中、丸子北中(長野)の3校が北信越代表として全国大会に出場する。

全国大会出場を決めた新井中(10月撮影)

◎31日、1日の試合結果◎
<代表決定戦>
新井中0-1根上中(石川)

<敗者復活代表決定戦>
新井中2-0鯖江中央中(福井)

(取材・文/岡田浩人)


【中学軟式】新井中が来春の全国大会出場決める 全日本少年春季大会・北信越予選会” への1件のコメント

コメントを残す